日本透析医学会 教育関連施設

お電話のお問い合わせは072-227-8001まで

患者様の健康が回復されるまで、しっかりサポートするリハビリテーション科。

当院リハビリテーション科では、運動療法(Ⅰ)、脳血管障害(Ⅲ)の施設基準を取得し、専任医師の指示のもと、常勤理学療法士4名、言語聴覚士1名、助手1名により、きめ細やかな治療、訓練を実施させて頂いております。人工透析患者様を初め、外来、入院と多方面の患者様を対象とし、介護保険の分野においては通所リハビリテーションも実施し、御好評を得、多くの実績をあげております。機能訓練だけでなく、ADL(日常生活動作:Activities of Daily Living)訓練などを行うことで、患者様の在宅復帰や御家族の介護負担の軽減など、ニーズに応じたリハビリテーションを提供しております。

担当医・診療時間

 
午前 9:30~12:00
午後 13:30~15:30 -
夜診 17:00~18:00 - -
~19:00
-

※上記の時間までに受付を通るようにお願い致します。

※リハビリの時間や回数などは、お気軽に担当者にお尋ね下さい。

※上記の時間までに受付を通るようにお願い致します。
ただし夜診は、受付時間の30分前(月・水 17:30、金:18:30)までに受付をお願い致します。

リハビリテーション科より

当院では、特に透析患者様の理学療法に力を入れております。具体的には、人工透析由来の関節の痛み、筋力低下、歩行障害、日常生活動作の障害などに対し、入院透析、外来透析を問わず安心してリハビリテーションを受けられる環境を整えております。 その他、担当している疾患としましては、運動器疾患(五十肩、腰痛、変形性関節症など)、や骨折といった整形外科領域をメインとし、脳血管障害(片麻痺など)、難病疾患(脳性麻痺など)、内部疾患(糖尿病など)、術後の廃用症候群、切断(義足歩行)など、幅広く対応しております。

透析患者様の身体状態は日々変化する為、患者様の声を聞き、状態に合わせて治療、訓練内容を決め、長期に運動を継続できるように運動量、運動プログラムを決めます。また痛みのある患者様には、症状にあわせて医学的知識を活かした治療内容を決めていきます。
透析導入目的で入院された患者様に対しても、体力の低下を防ぎ、スムーズに退院して頂けるよう日々精進しています。

患者様一人一人に合わせた運動療法を行い、筋力・筋持久力・バランス能力などの低下を改善し、QOL(生活の質)を改善できるよう努めています。透析をされている患者様にもその日の調子や状態を考慮し、透析日や非透析日の運動療法を実施しています。また、患者様が楽しく運動を続けられるような、運動習慣の獲得にも協力いたします。

患者様にとって、ベストな理学療法を提供できるよう、日々研鑽を積んでおります。人工透析に関しても、一通りの知識を習得し、専門学校で講義も行っています。
最近の実績では、両下肢切断をされた高齢人工透析患者様における、屋外義足歩行を成功させました。
また、臨床において、五十肩、腰痛、変形性関節症といった運動器疾患、骨折後の拘縮による可動域制限に対する治療経験が豊富ですので、お悩みの方は一度来院されてみてはいかがでしょうか。