日本透析医学会 教育関連施設

お電話のお問い合わせは072-227-8001まで

一般撮影装置(2台) 2台体制により患者様を待たせることなく、スムーズに検査できるようにしています。
Ⅹ線TV(1台)  血管造影に対応し透析前に検査を済ませ、すぐに透析できる体制にしています。
MRI(1台) オープンタイプのMRIなので圧迫感が低減し、検査負荷が少なくなります。
CT(1台) 最新鋭の16列マルチスライスCTの採用により 一度に16断面像を得ることかでき、検査時間も短縮でき、透析前に 検査する体制を整えています。
(なお、高精細な画像データを得ることが可能となり、このデータを元に3次元画像を作成することにより、病変の診断に役立てています)
骨密度装置(1台) 骨そしょう症の早期発見、予防するための装置。
パノラマ(1台) 歯の全体像を見るための装置。
デンタル(1台)  歯[1本1本]像を見るための装置。
ポータブル(1台) 病室撮影に使い患者様の移動の軽減に努めます。
外科用イメージ(1台) 手術室に設置し、整形外科の手術や透析シャントのPTAに対応し、清潔操作を心がけ、感染に配慮しています 。

上記装置及びデジタル画像診断装置の使用により的確かつ鮮明な画像を提供し、
検査・治療が円滑に終了するようにサポートしたいと思います