日本透析医学会 教育関連施設

お電話のお問い合わせは072-227-8001まで

南大阪で最大級の人工透析治療の実績。

当院は、昭和53年8月の開設当初から、
南大阪の中心的な透析医療機関としての役割を担ってきました。
透析ベッド数は堺市で最多を誇ります。
そして、平成24年4月には日本透析医学会教育関連施設に認定され、
医療の質を更に高めるよう努力を続けております。
入院やシャントトラブルなど不測の事態に対する対応も当院は可能です。
極めて専門的な疾患に対しては基幹病院とも連携を密に取って対処しております。

透析室見学 随時受付中

なお、当院へ通院をご検討されている患者様には、
見学も承っておりますので、お気軽にご連絡下さい。

お問合せ先072-227-8001(代表)

夜間透析について

当院では月・水・金曜日は21時30分まで夜間透析を実施しております。
仕事をされている患者様の生活スタイルに合わせて透析時間の選択が可能となっていますので、 お気軽にご相談下さい。

臨時透析について

旅行や出張、帰省などで来られた方の、臨時透析を受け入れております。
事前に現在行っている透析の情報の連絡をお願いします。
当日は各種保険証や各種手帳を持参下さい。
また、旅行等などの臨時透析の場合、夜間帯でお受けすることができない場合がございます。
また、詳細についてはお気軽にお電話にてお問い合わせ下さい。

日本透析医学会 教育関連施設

日本透析医学会は、透析医学の発展に寄与する事を目的とした社団法人です。
日本透析医学会には専門医制度があり、
専門医は、教育関連施設において通算5年以上臨床研修を行い、
試験および審査によりその知識と技術を学会に認定される事で得られる資格です。
教育関連施設は、専門医が常勤し一定以上の透析装置数や症例数を満たした施設にのみ学会が認定する透析専門医育成の為の施設です。

当院は、その名誉ある 日本透析医学会 教育関連施設に認定されております。

アフェレーシスについて

当院では通常の血液透析以外に、Fontain分類Ⅱ度以上の閉塞性動脈硬化症に対してLDL吸着療法を行っており、周辺医療機関からの紹介も随時受け付けております。

医師紹介

内科副院長 万代 尚史
内科副院長・透析室長 大西 哲郎
内科副院長・第二透析室長 駒井 則夫
内科部長・分院管理医師 前 暢子